OSインスト前にBIOSを最新にする【BIOSTAR TB250-BTC/BIOS設定】

BIOSTAR TB250-BTCのBIOSを最新に更新をしてみましょう。自作パソコンを作る場合、OSも自分でインストールする必要があります。その場合、できるだけBIOSを最新にしてからOSを入れたほうがいいのです。

特にマイニングとなるとGPUを複数挿したり、かなりマザーを含め負荷がかかると思うので、できるだけ最新のBIOSやファームウェアを使ったほうがよいでしょう。

BIOSTAR TB250-BTCとはどんなマザー?

 

  • 日本国内正規代理店保証:1年間
  • チップセット:Intel B250
  • CPUサポート:LGA 1151(Core i7、i5、i3、Pentium、Celeron) ※Max TDP:95W
  • 搭載可能メモリ:2 × DDR4 2400/2133/1866、Max Support 32GB
  • 拡張スロット:1 x PCI-E x16 3.0、5 x PCI-E x1 3.0
  • ストレージ:6 x SATA3、1 x M.2 Key M 32Gb/s
  • USB:4 x USB 3.0、1 x USB 3.0 Header、2 x USB 2.0、2 x USB 2.0(only 5V power, up to 1.5A)、2 x USB 2.0 Header

BIOSTAR TB250-BTCはもうホント、マイニングに作られたようなマザーボードです。このマザーボード1枚で6枚のGPUを挿すことができます。すごーい!

価格もちょっと前までは1万円以上していましたが、すごく安くなりました。私の買ったときは3,000円台で買うことができました。うれしーい!

最新BIOSの更新方法

BIOSTAR TB250-BTCのBIOSが古い場合、もしかしたらマザーボードを6枚すべて認識できないことがあるとのことです。6枚使うことがなくても、やはりパフォーマンスなどを含めても、最新のBIOSにすることをおすすめします。

特にOSインストールを終わってからのBIOS更新はちょっと難しく・・・もしかしたらOS再インストールになってしまうかもしれません。ぜひOSインストール前にBIOSを最新に更新をしておきましょう。

TB250 BIOSダウンロード

最新のBIOSは以下のページよりアクセスができます。最新はB25CF413.BSSでした。

BIOSバージョンの確認

BIOSのバージョンを確認してみると、一つ新しいBIOSがありました。

BIOSの更新方法

早速上記のページより最新のBIOSをダウンロードします。

ダウンロードしたBIOSファイル(拡張子 .BSS)をFAT/FAT32形式のUSBメモリーにコピーします。

USBメモリをさす

ファイルを入れたUSBメモリーをマザーボードのUSBコネクタに差し込みます。

PCの電源を入れてBIOS設定画面上で、「F12」キーを押します。

B25CF413.BSS

BIOS画面が立ち上がり「fs1」を選択するとUSBメモリーに入れたBIOSが表示されています。

表示されたBIOSファイルを選び、「Enter」キーを再び押します。

更新して良いですか?

BIOS更新をしてよいかと聞いていますので「Y」をクリックします。

BIOS更新

BIOS更新中。

リスタートしますか?

BIOS更新完了をしました。

システムのりスタートを聞いていますので「Y」をクリックします。その後、再起動をします。

BIOSの設定

「DELETE」 キーを押す

再起動後にこちらの画面で止まります。

キーボードの 「DELETE」 キーを押してBIOSセットアップ画面を出します。

BIOSの設定画面

キーボードの 「DELETE」 キーを押すとBIOSの設定画面が開きます。

BIOS設定画面でキーボードの「F3」キーデフォルトの設定を選択します。コレを押すと出荷時の設定に戻ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Load Optimized Defualtsを選択し実行すると、BIOS設定を製品出荷時の設定に戻ります。

「Y」を選択します。

キーボードの「F10」キーの Save & Exit を選択し実行するとBIOS設定を保存し再起動します。

これでBIOSの更新は完了をしました。やったー!

まとめ

 

 

おすすめの記事