Webデザインスクール比較|未経験者がプロになれるスクールを厳選!

初心者・未経験者がWebデザイナーで活躍するにはWebデザイン専門スクールで学習するのがおすすめ!通学ではなくオンラインスクールであれば場所も時間も気にせずにスキル・経験を積むことができる。

Webサイトの構築を手がける「Webデザイナー」は、年々需要が増える人気の職種です。

高校・大学からの就職だけではなく、現在仕事を持っている人の転職先としてもWebデザインの仕事は注目されています。

ただしパソコン操作やインターネットに疎い人は意外に多く、専門性の高いWebデザインの仕事に壁の高さを感じる人も多いのではないでしょうか?

そんな人たちにオススメなのがWebデザインが学べる「プログラミングスクール」です。

”プログラミング”と聞くと難しいイメージがありますが、Webデザインで使うプログラムは未経験者でも順を追って学べば短期間で習得することができます。

ここでは、Webデザインが学べるプログラミングスクールの選び方と、人気の高いスクールを比較し解説しています。

Webデザインスクールとは?

コーディング

Webデザインに必要な知識は専門性が高くスキル・経験が求められます。

「Webデザインスクール」とは、インターネットのWebページを制スキルを習得するための学校です。

”デザイン”という語句が含まれていますが、美術系や服飾のデザインとは異なり、Webサイト独特の視覚的な部分を作っていく作業になるので、絵が描けない人でも大丈夫です。

Webデザインスクールは、Web制作会社や企業内のIT部署・広告代理店などでWeb担当として就職できるようにスキルを学べるスクールのことです。

現在では進学の進路希望として、または転職する際の職種としてWebデザイナーが急増していることから、Webデザイナーの養成スクールも比例してその数を増やしているのです。

ただし、Webデザインに必要な知識は専門性が高く、普通にパソコンを所持してオフィスソフトを使っている程度では簡単に理解できないものです。

独学でもWebデザインを覚えることはできますが、挫折してしまう人が多いのも事実なのです。

Webデザインスクールで最低限学ぶべきスキルとは?

Webデザイナーになるためには、一般的なパソコン操作とは別に最低限学ばなければならないスキルがいくつかあります。

その習得度合いによって就職率も違いますし、プロになってからの年収にも差が生まれるのです。

Webデザイナーによく似た職業に「グラフィックデザイナー」がありますが、こちらは美術的な要素が多く、イラストやアイコンなどのイメージコンテンツを作る職種です。

WebデザインはWebページそのものを一から作っていく職種ですので、絵や色彩感覚よりもむしろプログラミングの要素が多く占めていると考えてよいでしょう。

Webデザインスクールでは、プロとして企業で業務できるよう、スキルごとにカリキュラムを組んで講義します。

  • Webサイト全体のデザイン・スキル
  • レイアウトの作成スキル
  • 画像コンテンツの作成・編集スキル
  • コーディング

これらのスキルを学ぶと、Webページがどのように作られ、技術的にどんな構造をしているのかが理解できます。

一見馴染みのないものばかりですが、適切な指導を受け自分でも努力をすれば、数週間から数ヶ月でマスターすることが可能です。

最低限学ぶ必要のあるスキル

WebデザイナースクールではWebページ制作に必要なスキルを、まず最低限学べるように授業が組み立てられています。

スクールは数多くありますが、この最低限スキルに関してはどこも大筋で共通しています。

これらのスキルはIT技術の基本ともなるので、Webデザイン以外のパソコンを使う業務のさまざまな場面で役立つものでもあります。

スキル1:Webデザインの基本知識

まず最初にインターネットにおけるWebページがどういった仕組みなのかを学びます。

パソコン・スマホをユーザーとして利用しているだけでは知ることができない、”作る側”の知識と技術です。

ここでWebページの構造と、制作に対してどういった環境や技術が必要なのかの概要を学びます。

スキル2:Photoshop/Illustrator

Photoshop/Illustrator

米国Adobe社の提供するグラフィックソフト「Photoshop」と「Illustrator」はWebデザイナーにとって必須のソフトです。

写真・イラスト・図形など制作から加工まで使え、Webページに使う画像コンテンツのほとんどをこの2つのソフトで制作していくことになるので、こちらもWebデザイナーには欠かせないスキルです。

スキル3:HTML/CSS

CSS・HTML

「HTML」「CSS」はWebページを構成する基礎スキル

「HTML」「CSS」はWebページをプログラミング・カスタマイズする際に用いるプログラミング(マークアップ)言語です。

ソースコードを書き込んでいくいくことで、思い通りのWebページを作るためのスキルです。

HTMLとCSSを学ぶことで、普段見ているWebページがどのようにして作られているかを理解することができます。

スキル4:JavaScript/jQuery

JavaScript

JavaScript/jQuery

JavaScriptはプログラミング言語の一つで、前述のHTMLとCSSだけではできない動的なアクションをWebページに導入する際に用いられます。

私たちが普段見ているWebページのほとんどに使われているため、Webデザイナーも理解が必須のスキルです。

習得が困難なJavaScriptを簡易的に導入することができるのが、jQueryです。

スキル5:レスポンシブサイト

スマホサイト

レスポンシブサイトはスマホなどで表示される

現在ではインターネット使用の7割がスマホだと言われています。

なので、Webサイト制作側でもパソコンではなくスマホ端末でのデザインが必要です。

パソコンサイズで制作したWebページをスマホに対応させたもののことを「レスポンシブサイト」と呼びます。

レンスポンシブデザイン、レスポンシブサイト制作は、現在のWebデザイナーの必須スキルです。

スクール(通学)かオンラインか?

通学

通学をするかオンラインにするか、それぞれメリット・デメリットがある。

Webデザイナーの養成スクールには、大きく分けて2つの種類があります。

それは一般的な学校のように施設がありそこに通学するタイプと、Web上の動画などで講義を聞きながら受講するオンラインタイプの2種類です。

それぞれにメリットとデメリットがありますので、自分の生活スタイルや受講にかけられる費用などを考慮し選択する必要があります。

以下にそれぞれのメリットとデメリットを解説しています。

スクール(通学)を選ぶメリット

通学タイプのWebデザイナースクールは、一般の専門学校と同じく講師と複数の生徒が教室で授業を受けます。

眼の前で講師が直接指導するので、質問への回答も早く習得するまでのスピードも短期間になる傾向にあります。

また、周囲に生徒がいることでモチベーションが保ちやすく、情報交換ができることも見えないメリットだと言えるでしょう。

パソコンやグラフィックソフトを初期段階で用意しなくてよいところも通学タイプの始めやすいところです。

スクール(通学)を選ぶデメリット

リアルな講義を聴くことができ、勉強するための環境も優れている通学タイプのスクールですが、授業時間が決められているので、現在会社勤めをされている人や、家事や子育てに忙しい主婦の方などがスケジュールを合わせにくいという大きなデメリットがあります。

受講料金もオンラインタイプより高額になるので、経済的な問題で通学タイプのスクールに合わない人も多いはずです。

また、Webデザイナースクールに年齢制限はありますが、高齢の方などは若い人に囲まれて同じペースで勉強を続けていくことに抵抗のある人も少なくありません。

そして、通学には時間と交通費が必要になるので、一般的な学生のように「勉強中心」の生活を強いられることもデメリットになります。

オンライン・スクールを選ぶメリット

オンラインタイプのWebデザイナースクールの最大のメリットは、時間スケジュールをある程度こちらの自由に合わせられるところです。

自分の空き時間を利用して学習することができるので、忙しい主婦の方や現在会社に勤められている方でもWebデザインのスキルを習得することができます。

また、料金の相場的には通学タイプの半分くらいですので、スキル習得にあまりお金をかけていられない人には最適です。

オンライン・スクールを選ぶデメリット

オンラインタイプのWebデザインスクールのデメリットはあまりありません。

人気の高いオンラインタイプのスクールならば、チャットなどを使って質疑応答をすることも可能ですし、決まった時間帯に常駐している講師とリアルタイムで会話ができるスクールもあります。

料金的・時間的な制限が少なく、気軽に始められるので、とくに転職を考えている人には最適なタイプだといえるでしょう。

PhotoshopとIllustratorとパソコンを事前に用意する必要がありますが、将来的にWebデザインの仕事をするにあたって必ず購入することがほとんどですので、デメリットにはならないでしょう。

オンラインスクールの授業形態

オンラインスクール・メリット

オンラインスクールには数々のメリットがある。また授業形態もさまざま。

オンラインタイプのWebデザインスクールの人気は高く、需要も年々高まりつつあります。

スクール運営側もオンラインスクールの弱点をカバーすべく、さまざまな工夫が考えられているので、通学してじっくりと学習するタイプのスクールと遜色ない学習結果が得られているといえるでしょう。

ただし、オンラインタイプにも授業形態が何種類かあります。

自分の生活スタイルに合ったものをさらに絞り込んで選択することができるのです。

ライブ授業

「ライブ授業」タイプのオンラインスクールは、時間を指定し、インターネットでつながった生徒たちとリアルタイムの授業をします。

生徒は質問などがあればチャット機能などを使ってやり取りをすることができるので、実際の教室で授業を受けている感覚で受講することができます。

授業時間は決められていますが、通学にかかる時間と煩わしさはありません。

マンツーマン授業(個人指導)

オンラインタイプのWebデザイナースクールには、マンツーマンで授業を進める「個人指導」タイプのものもあります。

家庭教師タイプになり、こちらの理解度に合わせてカリキュラムを進めてもらえるので、通学タイプを含めたWebデザイナースクールの中ではもっとも濃密な授業を受けることができます。

オンデマンド授業

「オンデマンド授業」はこちらの好きな時間を選んで学習できるタイプのオンラインスクールです。

生徒の方から授業開始時間を設定できるので、学習時間を確保できないような忙しい人なら便利です。

おすすめWebデザインスクール3選

冒頭も説明したように、現在では実に多くのWebデザインスクールが林立している状態です。

まだ業界のことをまあり知らない状態で、どのスクールがいいのかを見極めることは難しいはずです。

そこで、ここ数年生徒数を伸ばしている人気のWebデザインスクールの中からオススメな3校をピックアップしました。

それぞれにサービスに違いがあるので、自分のライフスタイルに合うところを選びましょう。

1位:TechAcademy

TechAcademy

「Teck Academy」は、最短4週間オンラインWebデザイナースクール

【Teck Academy】デザインスクールを見る

「Teck Academy」は、最短4週間で実践的スキルを身につけることができるオンラインWebデザイナースクールです。

Webデザインだけではなくプログラミングなどのネットビジネスに活かせるコースが複数併設されているので、将来スキルを拡張していきたい人に最適なオンラインスクールです。

TechAcademyの特徴

サイト制作の基本を学んだあとにソースコードを模写しながらクローンサイトを作り、ブラウジング画面を見ながらソースコードを逆算して制作していくなど実践的な学習体系が特徴。

現役プロ講師によるビデオチャットでのマンツーマンサポートがあるので、質問や不安などを速やかに解消することができます。

カウンセリングによって、一人一人のレベルに合ったカリキュラムを組むので、まったくの初心者でもWebデザインスキルを無理なく習得できます。

TechAcademyを使うメリット

最も安いケースでは129,000円と、Webスクールの中ではかなり授業料が安いがメリットです。

たくさんの企業と提携しているので、就職サポートも充実しています。

卒業制作作品をコンテストに参加させることができ、一線で活躍する企業の社長や重役による審査が受けられアピールすることができます。

【Teck Academy】デザインスクールを見る

基本コースだけではなく、さらにスキルを伸ばしたい人のために、16週間コースも併設しているのもメリットです。

WEBCAMP ONLINE

WEBCAMP ONLINE

「WEBCAMP ONRINE」は、通学型の教室そのままの授業を、自宅で体験

【WEBCAMP ONLINE】デザインスクールを見る

「WEBCAMP ONRINE」は、通学タイプのプログラミングスクールを運営している企業が提供するオンラインスクールです。

通学型の教室そのままの授業を、自宅で体験できます。

比較的新しいオンラインスクールですが、信頼度はかなりあります。

WEBCAMP ONLINEの特徴

オンラインサポートがかなり充実しているのが特徴で、挫折しやすい通信教育の弱点がカバーされています。

卒業後もそのままオンラインスクールを利用することができるので、基礎だけ集中的に学んでから、あとからじっくりとスキルを膨らませていくことが可能です。

約1ヶ月を目標に「HTML/CSS」「フォトショップ」「Web制作全般」を習得することができます。

WEBCAMP ONLINEを使うメリット

受講料が99,800(税抜き)と飛び抜けて安いのがメリットです。

13:00~21:00の8時間の間は講師が待機しているので、質問回答をすることができます。

運営企業が転職保証型のスクールも同時に運営していることから、就職サポートはかなり手厚い印象です。

【WEBCAMP ONLINE】デザインスクールを見る

受講中にも企業でのインターンの斡旋もあり、卒業後の就職率が高いのが最大のメリットだといえるでしょう。

CodeCamp

CodeCamp

Webデザイナースクールの中ではダントツで人気がCodeCamp!

【CodeCamp】デザインスクールを見る

「CodeCamp」は国内のオンラインWebデザイナースクールの中ではダントツで人気が高く、20000人を超えます。

個別指導がしっかりしたオンラインスクールです。

CodeCampの特徴

導なので、オンラインスクールに不安を抱いている人でも手厚いサポートが受けられるのが特徴です。

また講師陣のレベルが高く、サイバーエージェントやYahoo JAPANの出身者やベンチャー企業の起業家などが受け持ちます。

運営企業は講師陣の採用には高い審査基準を設けていて、講義中の様子も随時チェックされています。

質の高いオンラインスクールを探している人に最適です。

CodeCampを使うメリット

365日、7:00~23:00まで授業が実施されているので、現在会社に勤められいてる人でも受講しやすいのがメリットです。

規定のカリキュラムを修了すると、無料で転職サポートをしてくれ、成功すると転職報酬10万円が支給されるのは他のスクールにはないメリットです。

【CodeCamp】デザインスクールを見る

デザインマスターコースは148,000円と通学タイプのスクールと比べると格段に安く、新卒者の進学・転職を考えている人の本格的将来設計に利用されています。

Webデザインを独学でやる方法もある

独学

独学は疑問の解決とモチベーションを保つのがとても大変!

これからWebデザイナーを目指す人なら、通学タイプのスクール・オンラインスクールと、もう一つ「独学」によるスキルの習得方法もあります。

実際に、現在一線で活躍しているWebデザイナーや、スクールの講師の中にも独学によってスキルを習得した人はたくさんおられます。

しかし、独学を成功させた人のほとんどは、インターネットやIT技術がここまで世間に普及する以前からパソコンやプログラミングに触れていた人が多く、いわゆる”マニア系”の人たちです。

年々IT技術・ネット技術は進化しているので、高度に発達した現在からいきなり独学で始めるのはハードルが高いのです。

まったくの未経験ならば、必要ソフトの購入や教材を選定する初期の時点でつまづくということも考えられます。

また、経験したことがある人も多いでしょうが、”独学”はモチベーションを保つことが難しく、また疑問が生まれたときにそれを解消するまでに、非常に長い時間がかかるために能率が悪いのです。

ネット技術が進化した現代では、プロでも常に新しいスキルを得る努力をしなければならない現状で、まったくの未経験の人が独学ですべてを習得するのは至難の業だともいえます。

最近ではオンラインスクールの料金も安くなり、独学で揃える教材との差も小さくなってきています。

Webデザインのスキルを「独学で」と考えている人は、このあたりをしっかりと理解しておくことが大切です。

まとめ

現在展開されているオンラインスクールは、費用も安く短期間でWebデザインスキルを習得することが可能です。

Webデザイナーのスキルを学ぶと、プログラミングなども含めてさまざまなネットビジネスに転用、生かすことができるようになります。

IT企業や根とビジネス企業への就職と転職をはじめ、将来的にフリーランスや副業をしたい人の足がかりとしてもぜひ習得しておきたいスキルです。

ウェブデザインオンラインスクール:おすすめ3選

現在では実に多くのWebデザインスクールが林立している状態です。まだ業界のことをまあり知らない状態で、どのスクールがいいのかを見極めることは難しいはずです。

ここ数年生徒数を伸ばしている人気のWebデザインスクールの中からオススメな3校をピックアップしました。それぞれにサービスに違いがあるので、自分のライフスタイルに合うところを選びましょう。

1位:TechAcademy

「Teck Academy」は、最短4週間で実践的スキルを身につけることができるオンラインWebデザイナースクールです。

Webデザインだけではなくプログラミングなどのネットビジネスに活かせるコースが複数併設されているので、将来スキルを拡張していきたい人に最適なオンラインスクールです。

2位:WEBCAMP ONLINE

「WEBCAMP ONRINE」は、通学タイプのプログラミングスクールを運営している企業が提供するオンラインスクールです。

通学型の教室そのままの授業を、自宅で体験できます。比較的新しいオンラインスクールですが、信頼度はかなりあります。

3位:CodeCamp

「CodeCamp」は国内のオンラインWebデザイナースクールの中ではダントツで人気が高く、20000人を超えます。

個別指導がしっかりしたオンラインスクールです。個別指導なので、オンラインスクールに不安を抱いている人でも手厚いサポートが受けられるのが特徴です。

更新日:

Copyright© Webデザインスクール比較|未経験者がプロになれるスクールを厳選! , 2018 All Rights Reserved.