Webデザインスクール比較|未経験者がプロになれるスクールを厳選!

初心者・未経験者がWebデザイナーで活躍するにはWebデザイン専門スクールで学習するのがおすすめ!通学ではなくオンラインスクールであれば場所も時間も気にせずにスキル・経験を積むことができる。

ウェブデザインスクールの選び方の条件

更新日:

ウェブデザインのスキルを学んでウェブデザイナーになるためには、専門知識を学ぶことができるスクールに通うのが最も早く確実な方法です。

しかし最近ウェブデザインを教えるスクールは数を増やしていて、レベルを性質も様々です。

ウェブデザイナーを職業にする上でスクール選びは非常に大切で、そこを間違ってしまうと幸先の悪い出発になるので注意が必要です。

良いウェブデザインスクールには、共通した条件があるので、そこをまず押さえておきましょう。

実績のあるスクールであるかをチェック

ウェブだザイナーの不足にともない、スクールも増えていますがすべてをそのまま信じてはいけません。

中には流行にのっただけのレベルの低いウェブデザインスクールも紛れ込んでいます。

スクールのこれまでの実績や、運営企業の確認などもしっかりとチェックしておくことが大切です。

最近ではオンライン(通信)タイプのスクールも多く、人気が高まっています。

時間のスケジュールが立てやすく、通学タイプのスクールと同等のサポートを提供しているところもあり、仕事をしながらウェブデザインを学ぶ人に最適なスクールだと言えます。

しかし、オンラインタイプのウェブデザインスクールは、ウェブ上だけで開校することができるので、スキル学習のノウハウが低い新規参入事業者も多くいるのが実情です。

提携・協賛しているIT企業や通信企業の知名度が高いスクールならば安心です。

業界のことをあまり知らなくても、一度くらい耳にしたことがある大手企業と関係のあるスクールかどうかもチェックしておきましょう。

就職支援の制度があるかどうかをチェック

いくらウェブデザインのスキルが身についても、就職できなければ意味がありません。

ウェブデザイナーとしてデビューするためには、就活してウェブ制作会社に入社してはじめて成功だと言えるのです。

ウェブデザイン業界は人材不足の状況なので広く求人を出していますが、未経験の人にはハードルが高く、応募するのが難しい業界でもあります。

ウェブデザインのスクールの中には、IT業界やウェブ制作会社と連携し、就職まで一貫サポートしているところがあります。

こういったスクールではカリキュラムの内容も実践を想定していて、実務でも通用できるスキルを習うことができるのです。

逆に実務を想定していないスクールに入学してしまうと、不要に拡散したスキルを学ばそうとしたり、実務に必要なスキルの授業が抜け落ちている場合もあります。

就職支援の有無は、ウェブデザインスクールを利用する際の大きな判断要素になることを覚えておきましょう。

最先端のスキルを教えているかどうかをチェック

ウェブデザインで使うプログラミングは書籍だけでも覚えることができますが、実践でそれが通用するものだとは限りません。

ウェブデザインで使われるプログラミングを始めとするIT技術は、年々進歩して数年前の常識が通用しなくなることも少なくないのです。

また、ウェブデザインで必須のグラフィック系ソフトも、年式によって操作の仕方が違うので、古いパッケージ版を使用しているスクールで覚えてしまうと、就職してから困惑してしまうようなことになります。

無料の無名ソフトを学習ソフトに使用しているスクールはかなり危険です。

ウェブデザインスクールのホームページには、学習するプログラミング言語を紹介していますので、しっかりとチェックしておきましょう。

また、協賛するIT企業の名称で判断するのも良いかもしれません。

誰でも知っているような大手IT企業の社名が明記されていれば、最先端の技術を教えてくれるスクールだと判断するのも一つの方法です。

講師陣の経歴などもチェックが必要です。

現役のプログラマーやウェブデザイナーであるかを確認し、できればどこの企業に所属してどんな活動をされている講師かをチェックしておきましょう。

イベントや交流会・セミナーがあるかをチェック

ウェブデザインスクールは、単体で活動しているところは避けたほうがいいかもしれません。

ウェブ業界は複雑に提携し合い、業界自体が動いています。

ITスキルを教えるスクールもその中の活動の一つでもあるのです。

ウェブデザインのスキルは、個人で勉強した人でも未経験者に教えることができるものですが、それでは独学をしたのと違いはありません。

スクールに通う目的には、業界に人脈を作って就職や転職を有利にするという狙いもあります。

イベントや交流会、セミナーなどをさかんに実施しているスクールならば、業界とのつながりも強く就職にも有利な情報が得られます。

ウェブデザインのスキルを習得して就職するということは、この業界に身を置くということです。

それを理解して支援してくれるスクールならば、業界内でも活発な活動をしています。

そういったスクールこそが、最先端のウェブデザインの仕事を学べるスクールだと言えるのです。

授業料が相場から見て妥当かどうかをチェック

ウェブデザインスクールにはすでにそれなりの歴史があり、生き残っている優良なスクールは授業料も相場内に収まっています。

あまりに高額、あるいは安すぎるスクールには気をつけるべきです。

国内のウェブ制作・IT業界は思ったよりも狭く、スクールの授業料も競り合っている状態です。

ウェブデザインコースの料金相場は、通学タイプならば20~30万円程度、オンラインタイプならば10万円台が相場となります。

この料金相場もスクール選びの判断材料になります。

卒業生の活躍をチェック

良いウェブデザインスクールは、卒業してからもそれなりにサポートを続けてくれるものです。

スキル学習を終えた卒業生が、就職してからもスクールとつながりを持ち、セミナーなどに参加しているスクールは信頼度が高いと言えます。

卒業生をそのままスタッフにしているスクールならば、かなりのサポート力があります。

運営企業自体が大きく、受講生に責任を持つ姿勢があるのです。

受講生の体験談がたくさんあり、卒業後にカウンセリングのボランティアなどをしているスクールならば、信頼のできるスクールだと判断しても良いでしょう。

まとめ

ウェブデザイナーへの入り口であるスクールは、その後の活動にも影響が及ぶことも少なくありません。

スクール選びを失敗してしまうと、実践で役立つスキルを十分に習得できなかったり、就職活動が難航してしまうということも少なくないのです。

ここで紹介したチェック事項を確認し、ウェブデザイナーとしてスタートダッシュできるような良質なウェブデザインスクールを選び出しましょう。

ウェブデザインオンラインスクール:おすすめ3選

現在では実に多くのWebデザインスクールが林立している状態です。まだ業界のことをまあり知らない状態で、どのスクールがいいのかを見極めることは難しいはずです。

ここ数年生徒数を伸ばしている人気のWebデザインスクールの中からオススメな3校をピックアップしました。それぞれにサービスに違いがあるので、自分のライフスタイルに合うところを選びましょう。

1位:TechAcademy

「Teck Academy」は、最短4週間で実践的スキルを身につけることができるオンラインWebデザイナースクールです。

Webデザインだけではなくプログラミングなどのネットビジネスに活かせるコースが複数併設されているので、将来スキルを拡張していきたい人に最適なオンラインスクールです。

2位:WEBCAMP ONLINE

「WEBCAMP ONRINE」は、通学タイプのプログラミングスクールを運営している企業が提供するオンラインスクールです。

通学型の教室そのままの授業を、自宅で体験できます。比較的新しいオンラインスクールですが、信頼度はかなりあります。

3位:CodeCamp

「CodeCamp」は国内のオンラインWebデザイナースクールの中ではダントツで人気が高く、20000人を超えます。

個別指導がしっかりしたオンラインスクールです。個別指導なので、オンラインスクールに不安を抱いている人でも手厚いサポートが受けられるのが特徴です。

Copyright© Webデザインスクール比較|未経験者がプロになれるスクールを厳選! , 2018 All Rights Reserved.